乾燥肌の人におすすめの化粧水は?

*

乾燥肌にお勧め!化粧水の正しい選び方


a5161f1b3e7199585e8c6ca4bf0f6fca_s


夏場は肌が潤っているという人でも、秋や冬の空気の乾燥する季節は、大変肌の乾燥しやすい時期です。まして、もともと乾燥しがちな肌の人は、あかぎれたりひび割れたりしやすくなって、痒みや傷みを伴うこともあります。

このような乾燥に悩んでいる人は非常に多いのですが、では乾燥肌に適した化粧水を選ぼうとなると、なかなか自分の肌に合った化粧水を見つけることができないものです。

そこで乾燥肌にお勧めの化粧水をどのようにして選べば良いのか、選び方や、注目したい成分など、乾燥肌を改善させるためにお勧めな化粧水の選び方をご紹介します。


成分によって特徴が違う!保湿用化粧水の上手な選び方

乾燥肌の人は、本来肌を保護する働きであるバリア機能が弱くなって、肌に本来閉じ込められているはずの水分が蒸発してしまい、肌の内側の水分が少なくなってしまった状態のことを言います。肌が乾燥すると、肌の再生力も弱まり、他の肌トラブルの原因となってしまいます。

乾燥肌に必要なのは、水分と油分です。肌内部から蒸発してしまった水分を補うため、肌に浸透しやすい水溶性の保湿成分を配合した化粧水を選びましょう。水溶性保湿成分には、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチン、天然保湿因子(プロリン、セリン、アルギニン)などという名称で表示されています。コラーゲンやヒアルロン酸は美容成分でも良く聞くことが多い名前なのでご存知の人も多い成分です。

これらの成分の含まれた化粧水をたっぷりと肌にしみこませた後、水溶性保湿成分だけでは乾燥肌を守りきれないため、セラミドなど保湿成分を包み込んで売るを意を逃がさないようにする成分の含まれた美容液などを使用して更に保湿効果を高め、更にその上から油分の含まれた乳液やクリームで水分の蒸発を防ぐようにします。

乾燥肌で悩む場合には保湿効果が高く、肌に浸透しやすい工夫がされているものを選ぶようにすれば、冬でも乾燥肌に悩まされることは少なくなることでしょう。


乾燥肌に悩む人たちの正しい化粧水のつけ方

秋や冬など空気が乾燥する季節になると誰もが気になる肌の乾燥。しかし、本来の乾燥肌の人たちは、季節に関係なく夏場でも乾燥に悩む人も多いのです。色々な方法で潤いのある肌を目指す人も多いのですが、乾燥肌に最も必要なのは水分と油分。これらをしっかりと補うことで乾燥肌から開放されることができます。

水分と油分を肌に補うといっても、何からどのように補えばいいのでしょうか。一番手っ取り早い方法は洗顔後のスキンケアです。化粧水や美容液、乳液やクリームなどをしっかりと付けることで肌に必要な水分や油分を補うのです。

しかし、せっかく良い成分の化粧水などを購入しても、つけるタイミングを間違えてしまえば効果は半減してしまいます。 では、どのような化粧水をどのタイミングでつけるのがいいのでしょうか。


1d063d917e416053291eb778c191265c_s



間違っていませんか?乾燥肌の人の化粧水のつけ方

化粧水をつける前の洗顔の段階で、間違っているといくら効果のある化粧水を付けていても効果は上がりません。化粧水の効果を上げるためにも、まずは正しい洗顔方法をマスターします。掌で角が立つほどのキメ細やかな泡を作ったら、その泡で優しく包み込むように洗い、流すときも優しくこすらずに流すようにします。洗顔が終わってもタオルでゴシゴシ肌をこすって拭かないでください。優しく抑えるように水分を拭き取ります。

顔全体の水分を拭き取り終わったらすぐに化粧水をつけます。保湿効果が高いといわれる成分を配合した化粧水を、掌をくぼませて、手のくぼんだ所に収まる量位が適量です。後はその化粧水をおでこから付けて、左側は左手で、右側は右手で掌前面を使って肌に優しく押し当てるようにしてつけていきます。

おでこが終わったら、こめかみ、頬といった順に同じ用量で顔全体に化粧水が行き渡るようにします。叩くと刺激になって肌にいいなどという話もありますが、乾燥肌の場合は刺激を肌に与えることは肌の乾燥を悪化させるだけなのでやめましょう。

化粧水を顔全体にしみこませたら、美容液やクリームで水分が逃げないようにふたをするだけです。

洗顔後すぐに、手で適量を付けることが正しい化粧水のつけ方のポイントです。入浴の際に洗顔を行なう場合は化粧水を脱衣場へ持って行って、入浴後すぐつけると良いです。



記事